特商法を気をつけるネットビジネス

今は副業として様々なネットビジネスなんかをやっているという人が増えているわけですがその時に注意しなければならないのが特商法というものです。

これはかつては訪問販売法と呼ばれていたものの新名称であり、消費者を守るための法律の一つです。
ネット通販などにおいては商品お面に見て買うということができないので意外と多くの消費者トラブルというのが発生していたので作られた法律ということになります。

事業者が守るべきルールというのが決められているのでよく行うようにしましょう。
ただし全てのネットビジネスに適用されるのかと言うとそうではなく、あくまで自分が売る側であり、相手が消費者であるというのであれば、それは適用されることになるのですが例えばネットビジネスとして動画投稿をやっているみたいな人にとっては関係のない法律と言えるでしょう。

具体的に物品を販売しているという時に適用される法律であるということを考えておきます。ちなみにその物品というのは、例えば情報商材なども当然適用されることになりますのでものというのは電子データなども含まれることになりますのでその点も注意が必要です。

細かくどの点を気をつけるべきであるのかと言うと非常に長くなってしまうのですが、根本的なこととして理解しておくべき点としては特定商取引法では消費者への適正な情報提供を、ということが根幹にあります。

つまりは広告の表示とか過大広告等に対することや顧客の意に反して申し込みをさせようとするような行為など、結構一般的な常識でこれはやってはいけないだろうというようなことが禁止されているという感じでもあります。

ネットを用いて通販などを行うというのは色々なネットビジネスにおいて行いやすくなっているというのはまずはないわけで、そうした事業をはじめてみようと考えている人は当然ながら、法律が適用されるということになりますから細かく内容を理解した上で批判しないように通販事業を始めるようにしましょう。

継続的にやっているわけではなく、少しものを仕入れて販売する、というような、要するにせどりのようなネットビジネスでもオークションでちょくちょく転売しているとかならばともかくとして、アマゾンなどに出品して、ということになりますと間違いなく適用されることになりますから、要件をしっかりと満たすようにしましょう。

例えば掲示、表示しておかないといけない情報などがあります。
雛形はありますから、テンプレを手に入れて穴埋めして使うとよいでしょう。